マーケティングテクノロジー分野はその領域が広く、領域内でも区分が明確に分かれています。今後も大きな拡がりが期待されるマーケティング市場の繁栄のためには、テクニカルタレントの新規登場と成長が欠かせないと考えられています。chiefmartec.comが紹介している2015年1月時点のテクニカルタレントの顔ぶれは947社から1876社にまで拡大し、実にマーケティングに関わるテクニカルタレントには下図のような顔ぶれが存在します。

 

出典: http://chiefmartec.com/2015/01/marketing-technology-landscape-supergraphic-2015/

 

今後も、この急激な伸びは続くと考えられています。

中でも、日本でもその名前をよく聞くようになった「マーケティングオートメーション」の市場はどうでしょうか?

世界のマーケティングオートメーションソフトウェア市場が、2019年までで年平均成長率は9.29%になるだろうとの予測(Global Marketing Automation Software 2015-2019)もされている中、日本国内でも様々なメディアでマーケティングオートメーション関連の記事が増えてきています。Hubspot,Marketo,Pardot,Oracle Eloquaが代表的なツールとしてよく紹介されていますが、米国のDatanyzeがAlexaのウェブ巡回のデータを基にしたマーケティングオートメーション分野のツールの動向を集計したグラフをみると他にも多くのツールがあり、ひしめき合っていることがわかります。

(出典:Datanyze)

今回はHubspot,Marketo,Pardot,Oracle Eloqua以外のマーケティングオートメーションを少しご紹介します。

●IBM Silverpop Engage

「IBM Silverpop」は、グローバルで2,000社以上に利用されており、BtoBマーケティングに必要な高機能メール配信と行動解析からのスコアリング機能を兼ね備え、データマネージメントに柔軟性があるため、他システムとのデータ連携が大きな強みとなっています。1999年の設立から欧米を中心に展開していたマーケティングオートメーションベンダーであるSilverpopを、2014年4月にIBMが買収し、日本では2014年11月より顧客一人ひとりに合わせたリアルタイムなエンゲージメントを可能にするSaaS型マーケティングオートメーションソリューション「IBM Silverpop Engage」として提供を開始しています。

※正式な情報は日本アイ・ビー・エム株式会社のサイトでご確認ください。

http://www-03.ibm.com/software/products/ja/silverpop-engage

●Teradata Relationship Manager

1998年に設立されたマーケティングオートメーションのリーディングカンパニーである「Aprimo」をデータ管理・データ分析関連製品を手がけるテラデータが2011年に買収しました。現在は「Relationship Manager」として提供されています。

※正式な情報は日本テラデータ株式会社のサイトでご確認ください。

http://jpn.teradata.jp/solution/sol/crm/index.html

 

●SALESmanago

「SALESmanago」はB2C電子商取引に特化したポーランドのマーケティングオートメーション。デロイト、イヴ·ロシェ、ティンバーランド、大手銀行、小売業者や大規模なeコマースから数百人規模の中小企業まで、40カ国で3,000以上の企業で使用されており、Datanyzeのデータでは世界のトップ6の1つに入っています。日本国内での提供は今のところない様子です。

※正式な情報はSALESmanagoのサイトでご確認ください。

http://www.salesmanago.com/welcome.htm

 

●Act-on(アクトオン)

日本ではあまり馴染みのない「Act-on」ですが、2008年オレゴン州で設立され中小企業向けにマーケティングオートメーションを提供している企業です。米国G2 Crowd社が発表しているマーケティングオートメーションソフトウェアの比較「Best Marketing Automation Software 2015」では上位5位に入りマーケティングオートメーションソフトウェアのリーダーとして位置づけられています。

出典:G2 CROWD 

HubspotやPardotに並んで人気のツールで、3000社以上の企業に導入されています。上位5位の中で唯一日本市場へ進出していません。

※正式な情報はAct-On Softwareのサイトでご確認ください。事例も多く掲載されていてコンテンツが豊富です。

https://www.act-on.com/

http://blog.act-on.com/

簡単に4つのマーケティングオートメーションをご紹介しました。日本国内ベンダーも含めるとほんとに沢山のマーケティングオートメーションがあり、全てはご紹介できませんが国外であれば「Best Marketing Automation Software 2015」で簡単な製品概要と ユーザーレビューも載っているので参考にしてみてください。

このように今、国内外の多くのテクニカルタレントがマーケティング市場を盛り上げています。本ブログでツールベンダーを紹介してきた上で、あえて逆のことを言うようですが、今この市場ステージにおいてユーザー企業はツールベンダーの比較や選び方などの情報に振り回されることなく、やりたいことをマーケティングでどのように解決するのか?について多くのベストプラクティスとともに学んでいただきたいと思います。そうしたマナビを通じて、きっと最新のマーケティングツールもあなたにとってより身近で便利なものになると思います。