TechTarget Japan において当社代表の尾花がインタビューに応じる形で収録された2本の動画「隣の会社はこうしている 営業部門におけるCRM活用の具体例」「商談の成約率向上に営業ツールは役立つのか?」が公開されました。

1本目「隣の会社はこうしている 営業部門におけるCRM活用の具体例」では、多くの会社で売上向上に貢献するべく導入されたCRMやSFAが、現場マネージャーのための管理ツールでしかなくなってしまっていることが多いこと、それに対して経営層・現場営業担当者も加えた3つの立場で役にたつようにするにはどうするべきか、について話しています。

2本目「商談の成約率向上に営業ツールは役立つのか?」では、SFAツールによって成約率を高めるためにはどうするべきかについて、商談の進み具合と受注確度の2つに分けて管理することと、進み具合には組織としての知見を"やるべきこと"として埋め込んでいくべきではないか、といった内容を話しています。また、CRMツールの今後の方向性として、マーケティング機能が統合化される進化に期待が持てるといった点にも触れています。

こちらの動画は、日本マイクロソフトが提供、TechTargetジャパン編集部が制作しているので、視聴には登録が必要となっています。また、実際の動画の撮影および編集は、株式会社ヒューマンセントリックスが担当しました。