隔週連載 進化を続けるマーケティングオートメーション

隔週連載 進化を続けるマーケティングオートメーション

セールスフォース・ドットコムのSocial Successというサイトにて、マーケティングオートメーションについての連載を始めました。今、注目が集まっているこの分野について一通りまとめておこうという趣向です。

マーケティングオートメーションに代表されるテクノロジーを活用してマーケティングを変革あるいは改善するツールが今また非常に盛り上がっています。このブログでも取り上げたような買収も続いています。アメリカでは数年以内にBtoB企業の50%がマーケティングオートメーションを導入するとの予測も出ています。しかし、国内での導入実績はまだまだ少ないのが実情です。

ただ、海外ベンダーの製品も国内に代理店が続々と登場してきており、この流れの中で、導入が一気に進む可能性もあります。そんな状況で、マーケティングに活用できる統合的ツールを対比しているようなコンテンツのニーズがあるだろうとの思いからこの連載テーマになりました。

今回のタイトルは「マーケティングオートメーション」としましたが、ここは統合マーケティングツールでも、キャンペーンマネジメントでも、リードマネジメントでも何でも良かったと考えています。要は、コミュニケーションするべき相手を管理できる器があって、そこから然るべき対象を抽出して、複数のチャネルでのコミュニケーションを設定ベースでできて、そのレスポンスも同じ器に格納されるツールについてまとめようと。最近、ガートナーにしてもフォレスターにしても、マーケティングオートメーションとの名称を使わずに、でも中身はこのツール群のことを書いているコンテンツもよく目にするようになりました。けれども今回は、現時点での日本国内においては、この名称が最もポピュラーだろうとの判断です。この点についてはぜひご意見などいただければと思っています。

連載の中身についてぜひ感想などお寄せいただければ幸いです。

進化を続けるマーケティングオートメーション 本格普及フェーズに向けて知っておくべきこと

Vol.1 マーケティングプロセスが変わる?マーケティングオートメーションの機能(公開中)
Vol.2 国内ベンダーに聞く1 シナジーマーケティング株式会社(8/14掲載予定)
Vol.3 国内ベンダーに聞く2 株式会社シャノン(8/28掲載予定)
Vol.4 国内外主要ツール比較と導入時の選定ポイント(9/15掲載予定)
Vol.5 マーケティングオートメーションの活用で成果を上げるための社内プロセス改革(9/28掲載予定)

なお、掲載先のセールスフォース・ドットコムの都合で、公開開始より2週間経つと閲覧に個人情報の入力が必要になりますのでご了承ください。(←コンテンツマーケティングの一形態ですね)